研究内容

動植物や微生物から単離された有機化合物の中には,生体膜や特定のタンパク質に作用して強力な生物活性を示す物質が存在し,抗生物質や制癌剤として利用されています。これらの化学物質が活性を発現する原理を明らかにすることによって,新しい薬剤の分子設計・化学合成および活性評価を行う研究に取組んでいます。
キーワード:天然物化学,有機合成化学,ケミカルバイオロジー

魚介類による食中毒の原因物質のひとつとしてマイトトキシンという梯子状ポリエーテル天然物が知られています。極微量で細胞内のCa2+濃度を増加させる興味深い生理活性を持っていますが,詳細は分かっていません。希少な天然物の化学合成と分子プローブの調製による作用標的タンパク質の解明を目指しています。

1.膜タンパク質に作用する梯子状ポリエーテルの化学合成および作用機構の解明

“抗生物質が効かない”耐性菌の出現が社会問題になっています。アンフィジノ−ル3は,渦鞭毛藻が産生する抗真菌物質であり,従来には無い新しいタイプの抗菌剤として注目しています。効率的な合成法を開発し,構造活性相関を基にした簡略化アナログ分子の創成を目指しています。

3.細胞膜に作用する抗菌物質の構造決定と化学合成および新しい抗菌物質の開発

合成実験はフラスコを使って行うというのが一般常識ですが,マイクロフローリアクターという新しいデバイスを用いることで,これまでの有機化学反応では制御できなかった不安定中間体を利用することができるようになってきました。“フラスコからマイクロフローリアクターへ”,21世紀の新しい有機化学を開拓しています。

2.マイクロフローリアクターの天然物合成への応用

ファーブル昆虫記で知られているように,メスのガはフェロモンを分泌して,遠くにいるオスのガを惹きつけます。海の生物であるホヤは,受精の効率を上げるため,卵から精子を誘因する物質を分泌します。一般に,この様な物質は極微量で強い活性を示すことから,その構造を決定することは困難です。そこで,推定構造を化学合成し,活性を確かめることで構造確認を行っています。また,この化学物質が作用するタンパク質の解明にも挑戦しています。

4.精子活性化誘引物質の構造決定と化学合成および作用標的タンパク質の同定