飯田 岳史 Handa Takefumi


研究内容 Research contents

  • イオンビームの集束性を向上したリフレクトロン型飛行時間質量分析計の開発

  • 飛跡シミュレーションを用いたイオントラップのイオン密度分布解析



  • News

  • 更新日:2021/07/14


  • 業績・論文

  • 2021年度 日本学術振興会特別研究員 DC1採用

  • X-ray absorption spectroscopy of small copper-oxide cluster ions for analyses of Cu oxidation sate and Ar complexation: CuOAr+ and Cu2O2+
  • Tetsuichiro Hayakawa, Masashi Arakawa, Satoshi Kono, Takefumi Handa, Naho Hayashi, Kento Mimamikawa, Takuya Horio, and Akira Terasaki
    Zeitschrift fur Physikalische Chemie (2020).

  • Improvement of reflectron time-of-flight mass spectrometer for better convergence of ion beam
  • Takefumi Handa , Takuya Horio , Masashi Arakawa , Akira Terasaki
    Int. J. Mass. Spectrom. 451, 116311-116316 (2020).





    学会発表 Conference presentations

  • Reflectron Time-of-Flight Mass Spectrometer with Improved Convergence of an Ion Beam
  • 〇Takefumi Handa, Takuya Horio, Masashi Arakawa, Akira Terasaki
    International Symposium on Molecular Beams 2021 (ISMB2021) 2021/07/01〜07/02

  • イオン軌道シミュレーションを用いた線形イオントラップ内のイオン密度分布の解析
    Ion-Trajectory Simulation for Evaluation of an Ion-Density Distribution in a Linear Multipole Ion Trap
  • 〇飯田岳史,寺嵜 亨
    日本化学会 第101春季年会(オンライン) 2021/03/19〜03/21

  • イオン軌道シミュレーションによる線形イオントラップ内のイオン密度分布の解析
    Ion-trajectory simulation for evaluation of ion-density distribution in a linear rf ion trap
  • 〇飯田岳史,堀尾琢哉,荒川 雅,寺嵜 亨
    ナノ学会第17回大会(横浜国立大学 - 現地開催中止) 2020/05/27〜05/29

  • リフレクトロン型飛行時間質量分析計の検出効率向上:イオンビーム集束性能の改善
    Enhancement of detection efficiency in reflectron time-of-flight mass spectrometer by improving ion-beam convergence
  • (九大院理)○飯田 岳史・堀尾 琢哉・荒川 雅・寺嵜 亨
    日本化学会 第100春季年会(東京理科大 - 現地開催中止) 2020/03/22〜03/25

  • 酸化セリウムと複合化した酸化マンガンクラスターの酸化状態
  • 早川鉄一郎, 荒川 雅, 河野 聖, 林 奈穂, 飯田岳史, 南川賢人, 堀尾琢哉, 寺嵜亨
    日本物理学会 第77年次大会(岡山大学) 2020/03/15〜03/18

  • イオンビーム集束性能を向上させたリフレクトロン型飛行時間質量分析計の設計と実証
    Design and demonstration of reflectron time of flight mass spectrometer with improved convergence of ion beam
  • (九大院理)○飯田 岳史・堀尾 琢哉・荒川 雅・寺嵜 亨
    ナノ学会第17回大会(鹿児島 県民交流センター) 2019/05/09〜05/11 (ポスター)

  • イオンビームの空間収束性を高めるリフレクトロン型飛行時間質量分析計の設計
    Formation of spatially focused ion beam in reflectron time-of-flight mass spectrometer
  • (九大理)○飯田 岳史・堀尾 琢哉・荒川 雅・寺嵜 亨
    分子科学討論会(福岡国際会議場) 2018/09/10〜09/13 (ポスター)





    メンバーのページへ