ゲルは体の中の至る所に存在して、私たちの生命活動の維持に重要な役割を果たしています。例えば、水晶体など視覚を司る目の組織、さらに衝撃吸収や潤滑を担う粘弾性体である関節軟骨もゲルです。生体機能は、これらの生体ゲルが、体内の環境変化に応答してその性質を変化させることで発現しています。私たちはこの“ゲル”という物質を通して、生命機能の原理に近づこうと研究を進めています。さらに生体を手本とし、その機能を代替したり模倣したりする材料・システムを、ゲルを使って人工的に設計・構築することを試みています。

新着ニュース

  • 2019年 8月20日
    研究室ホームページを公開いたしました

Laboratory of Physical Chemistry of Soft Matters

Department of Chemistry, Faculty of Science,
Kyushu University

744 Motooka, Nishi-ku, Fukuoka-city

819-0395, Japan

Copyright © Laboratory of Physical Chemistry of Soft Matters
トップへ戻るボタン